相続・後見手続き

相続・後見手続き

知的障害者が相続人に含まれる場合の留意点と対策【成年後見を考える前に】

相続人の中に知的障害や精神障害を持った方、認知症を患っている方などがいた場合は注意が必要です。 トラブルなども無く、また遺言も残されていない場合には、一般的に相続は遺産分割協議を行い、相続人それぞれの相続分を決定します。 ...
相続・後見手続き

知的障害者や精神障害者のいる相続には必ずしも成年後見人は必要ない?

成年後見制度の認知度も上がり、利用される方も徐々に広がりつつあります。 成年後見制度は、意思能力のない方の財産を守り、安心して生活を送っていただくにはとても有効な制度です。 契約や遺産分割協議などの法律的...