墓じまい(改葬)の費用とコストの比較をしてみました!【どちらが安い?】

墓じまい

現在、「墓じまい」をする方が増えているようです。

 

「墓じまい」とは、文字通り今あるお墓をしまってしまうこと。お墓をなくしてしまうことです。なくすと言ってももともと墓地の区画は霊園等に借りているものですから、墓石を撤去して霊園等に返却する手続きとなります。

しかしすでにお墓にあった遺骨は引き取らなければなりませんので、一般的には他のお墓に遺骨を移すという「お墓の引っ越し」という意味を持つことが多いです。

 

墓じまいの基本的流れ(墓を引っ越す場合)

墓じまいの基本的流れは、

①新しい墓地を決め、新しい霊園等から受け入れの証明をもらう。

②今ある霊園に墓じまいの旨を伝え、埋葬証明書をもらう。

③市町村役場に改葬許可申請をする。

④新しい霊園等に改葬許可書を提出し、遺骨を移す。

 

簡単に言うと上記の流れですが、その際には様々な費用がかかります。

 

そのため、「墓じまいを考えているけど費用がかかるからどうしよう…」とお考えの方も多いと思います。

 

しかし、墓じまいをしない場合、例えば「遠方に墓があり、お墓に近い場所には親族もいないのに毎回赴いて法事・墓参りを行っている」という現状であるとしたら、どれだけコストがかかるでしょうか。

 

今回は一般的とされる墓じまい費用を算定し、墓じまいをしないで現状を続けたままのコストと比較してみました。墓じまいの費用は状況によって大きく差があり、また現在の墓地とお住まいの地域との距離等によっても大きく違うことと思いますが、参考までにお考えいただければと思います。

 

墓じまいの一般的な費用は?

新しいお墓での開眼供養(魂を入れてもらう)

5万円程度

現在あるお墓での閉眼供養(魂を出してもらう)

5万円程度

現在ある寺院への離檀料(檀家をやめること)

15万円程度

墓石の撤去(広さによる)

40万円程度

墓石の運搬(距離等による)

50万円程度

納骨費用(遺骨の数による)

10万円程度(5人)

手続き代行費用(行政書士)

8万円程度

※その他新しい墓地についてのお金(150万円~200万円程度)も必要です。

 

様々な要素で料金は大きく変わります。また高額な離檀料を請求されてトラブルとなった事例もあるようです。

 

今回は上記の大雑把な算定ですが、お墓の引っ越しにかかる費用は約130万円+200万円(新しいお墓の費用)としてみます。

 

それでは次に墓じまいをせずに、遠方に法事や墓参りに出向く状況を継続した場合のコストを考えてみます。

 

遠方にお墓がある場合

親戚や家族が東京都エリアに在住しており、熊本県にお墓がある場合。

 

グーグルマップから参考値を出しましたが、東京から熊本市まで新幹線を利用して移動する場合、片道27,290円かかります。また、時間は6時間18分とのこと。

 

飛行機を利用した方が価格は抑えられます。しかし飛行機のチケットは季節によって価格が変わります。(旅行会社の場合)

 

羽田空港~熊本空港の往復料金は安い時期で15,000程度。お盆の時期では30,000円程度でした。

 

法要を行うには、日帰りでというには厳しい時間でしょうから、宿泊代が伴うこともあります。親戚がお墓の近くにいないという想定ですからね。

 

東京にいる親戚が3家族(4人)いたと想定しますとお盆に法要を行う場合、

飛行機代 30,000円×12人=360,000円

宿泊代 5,000円×12人=60,000円

合計約420,000円もかかってしまう計算となります。

 

また法要にかかる日数も宿泊がともなうと2日間。遠方にあるため、余計に1日必要になってしまいます。

 

親族や家族の人数が少なかったりすれば全体の値段はもっと低く算定されるでしょうが、年に数回お墓参りを行う場合はもっと費用がかさむことになります。

 

お墓を引っ越さない場合はそれが毎年続くことになります。さらにご自身が亡くなったあとも、一族が続くことになれば子へ孫へと引き継がれます

 

親族や家族が今後お墓のある場所へ戻る可能性が少ないといった場合は、明らかに経費や時間の面での負担に差がつくことになるのです。

 

お墓の引っ越しを検討してみる

極端なケースを挙げましたが、墓じまいをしてお墓を自分や親族の住所地の近くに引っ越した場合でも、今後の経費を考えると十分回収できる額となるのです。

 

そのため、親族同士でお金を出し合えばそれぞれの負担も少なく墓じまいをすることができますね。一度ご自分のケースの費用を算定してみることをおすすめします。

 

また、費用と日数がかかるから墓参り自体の回数を減らしているご家族もいることでしょう。

 

「もっと定期的にお墓参りをしたい」「近くにいれば安心する」と思っている方にもお墓の引っ越しを検討する必要があるのではないでしょうか。

 

 

※当事務所では墓じまいの手続きを取り扱っています。市町村窓口への手続きを始め、行政書士が窓口となり、ご依頼者様のサポートをいたします。

 

※その他費用のかからない方法としては、「永代供養墓」や「散骨」等があります。まずはご相談ください。

墓じまい・改葬専門サイトも運営しております。

 

〒331-0823

埼玉県さいたま市北区日進町2-1021-5

行政書士花村秋洋事務所

℡048-776-9028・fax048-611-9284

mail:ha.jimusho@gmail.com

コメント