産業廃棄物収集運搬業ができる車両の種類とは?一般車でも許可は可能!

産業廃棄物

産廃に使用する車両はどのようなものがあるのか

これから産業廃棄物収集運搬業を行おうとお考えの方は、まずは収集運搬に使用する車両を決定する必要があります。

 

とはいっても、産業廃棄物収集運搬に使用される車両は様々です。ワゴン車などの一般車両でも行える収集運搬の種別もありますし、収集運搬の規模が大きくなれば、車両の規模も大きくしていく必要があります。

 

今回は、一般的な廃棄物収集運搬業に使われる車両をご紹介してみたいと思います。

 

ダンプ・平ボディ車

中規模の産業廃棄物収集運搬に使用できる車両です。

 

大きさには種類があるため、規模に合わせた車両を選ぶことができます。

 

飛散してしまうような産業廃棄物を運搬する際には、ホロシートなどを荷台にかぶせて頑丈に固定したうえで走行することが必要となります。

液状の廃棄物をそのまま荷台に載せることはできませんので、汚泥等の液状の産業廃棄物を収集運搬する場合には防水処理、漏水処理をした荷台が必要となります。

 

注意点としては、あおり部分の高い「土砂禁ダンプ」の存在です。土砂禁ダンプでは文字通り土砂の運搬ができません。土砂禁ダンプについては車検証左下部に下記のような記載があります。

車検証記載例:「積載物は、土砂等以外のものとする」

 

パッカー車

家庭ごみのゴミ収集車でよく使われている車両ですが、産業廃棄物の収集運搬にも使われます。

 

この車両の一番の特徴は、廃棄物をその場で圧縮できることです。発砲スチロールやその他の圧縮できる素材を運搬する際には大変有用な仕組みを持った車両です。

 

車内の摩擦によるガス爆発事故や、回転盤に人を巻き込んでしまった死亡事故の例もありますので、取り扱いには十分注意しましょう。

 

アームロール

コンテナを積んで運搬することのできる車両です。

 

現場でコンテナに廃棄物を積んでおき、コンテナごとそのまま車に積むことができるのが特徴です。

 

軽トラック

小規模の産業廃棄物運搬であれば軽トラックも使用可能です。

 

一度の運搬量には限度がありますが、色々な品目の許可が取れて価格も手頃であるため、とりあえず産業廃棄物収集運搬業の許可を取りたいといった方には手頃な車両だと思います。こちらの車両も廃棄物を運搬する際には、ホロシートなどを使用し、廃棄物の飛散防止の措置をとることが必要となります。

 

一般車

ワゴンタイプなどの大き目の車両であれば、収集運搬する産業廃棄物の種類によっては許可を得ることが可能です。

液状の産業廃棄物であっても、ドラム缶等の密閉できる容器をしようすれば収集運搬することもできます。

 

ただし、一般車を産業廃棄物収集運搬業に使用するためには、収集運搬する産業廃棄物の種類はもちろん、運搬予定の廃棄物の量について、一般車でも可能な程度であるかなどが審査されることとなるため、車両と廃棄物のバランスを考えなければなりません。

 

本業として産業廃棄物収集運搬業を営む方よりも、建設関係の仕事をしていて少量の産業廃棄物を運搬することが多い方が必要とすることが多いでしょう。その際は、許可を得る自治体に確認を取ることをおすすめします。

 

 

以上、産業廃棄物収集運搬業に使われる一般的な車両の例ですが、産業廃棄物収集運搬に使われる車両に制限はないため、他にも様々な車両が使われています。新規に産業廃棄物収集運搬業を始めようとお考えの方は一度当事務所にご相談ください。